スポンサーリンク

Twitterが急にロック、凍結になって解除したときの2つの方法と注意ポイント

パソコン情報局

 

ある日突然、数年間使っていたtwitterアカウントが、ロック、凍結状態になりました。

 

ロック状態を解消できる方法を探して無事今のところ解除できたので、お伝えしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

私のTwitterアカウント ロック?凍結状態?

 

私の場合は、いつものtwitterアプリを開くと、なんだか英語で書かれてたよくわからない警告文が出て、開けない事態に!!

 

英語で書かれていて、よくわからなかったのですが、spamとして攻撃されたのやら、spamとして認識されたようなことが書かれていました。

 

さらに、Twitter.comのUnlockのページに行きなさいというような表示でした。

 

数日前まで普通に呟いていたアカウントで、とくに、プライバシーポリシーには違反していないはずですがなぜ!?

 

 

このままにしていたらどうなるのかな?と調べてみると、

・このロックされた状態で、放置をしているといつの間にか凍結されるということ

・凍結⇒復活のやりとりを複数回重ねるとアカウントが永久凍結となってしまう

ということで、

 

「なぜ!?」というのと、「急がないと!」というのでとても焦りました(;’∀’)

 

 

 

ある日突然のtwitterロック、凍結同じところと違うところ

 

まずアカウントの「凍結」と似ている状態としてアカウントの「ロック」があります。

 

同じところTwitterを正常に利用できないという点ではほとんど同じです。

 

 

違うところ

(ロックの場合)解除申請をすれば解除を行うことができます

アカウントロックはTwitterが一時的に利用できなくなった状態です。
パスワードを変更したり電話番号認証をする事で解除でき、Twitterが引き続き利用できます。

繰り返すと凍結する可能性が高いです。

 

ロックアウトと言って、Twitteアカウントが乗っ取られそうな状態になると、自然にロックをかけるという機能があります。

 

(凍結の場合)
凍結はTwitterを強制退会させられてしまうことです。

 

凍結には2種類あり、

・運営に申請を送れば凍結解除してくれる場合

と、

・2度とそのアカウントで利用できない「永久凍結」

 

というものがあります。

 

 

永久凍結になったら怖いですね・・・

 

自分でロック、凍結を解除できる場合の手順

アカウントロックを解除するため、

  • 自分のアカウントにログイン
  • アカウントがロックされていることを知らせるメッセージを探す
  • 「スタート」をクリックまたはタップします。指示に従い電話番号を入力

この3ステップで簡単なアカウントロックであると解除できるようだったのですが、

 

Twitterにログインした際、携帯電話番号の入力、もしくはメールアドレスの確認を求められた場合(基本的に1回目の凍結)は携帯電話番号、メールアドレスを入力し、凍結が解除されればすべて凍結前の状態に戻るそうです。

 

 

私の場合、

twitterアプリは、公式のものではないものを使っていたので、調べたみたいに、こちらからのような表示はありませんでした。

 

 

自分でロック、凍結解除する際のチェックポイント1 公式アプリ以外のアンインストール

 

あきらめて違う方法を探しましたが、私の中の最後の手段ということで、

公式以外のTwitterアプリをインストールして、再度パスワードリセット

 

すると、パスワードの新しいものを入力できる画面にすすみました。

 

すると、私の該当アカウントの画面のところに、twitterのルールに違反しているので、アカウントロックをしているというような表示になってしまいました。

 

「違反していないのに~」

 

と思いましたが、

解除するには、2つの手段をパスしなければいけないということで、

 

・私はロボットではありません。という認証

・電話番号の認証

と進み、公式のTwitterアプリをインストールしたところ、すぐに元に戻っていました。

これで無事にTwitterアカウント復活です。

 

異議申し立てによって解除できる場合の手順

ロックの解除の際や、一旦、凍結が解除されてもまた同じように違反行為を繰り返していると、次には携帯電話番号やメールアドレスを入力するだけでは凍結解除が出来なくなった際はこちらの方法になります。

 

凍結されたアカウントにログインした状態で、Twitterのヘルプセンターの「異議申し立て」のページで必要事項(該当のアカウント名もしくは、電話番号、もしくはメールアドレスなど)を入力して、「凍結解除依頼」をすることになります。

 

異議申し立てをおこなっても、それが承認されるまで待たない解けないということや

異議が通らなければ、そのままTwitterアカウントが永遠に使えないという事態にも陥ることがあります。

 

凍結を甘く見てはいけないんですね(/_;)

 

 

自分でロック、凍結解除する際のチェックポイント2 凍結されたアカウントにログインした状態かどうかの確認

私の場合は、

Twitterメールにパスワードのリセットを押してみても、アカウントロックの警告画面が出たtwitterアプリのページに戻るだけでした。

 

パスワードの再設定のページは探してもどこにも見当たらない!!

 

ということで、今度は、サポートチームに問い合わせをする。アカウント凍結またはロックに異議申し立てのページを見つけて入ってみました。

ところががなぜか、私の場合は、フォームは表示されましたが、入力ができなかったのです。。。???

 

→今思うと、凍結されたアカウントにログインした状態ではなかったことが原因だったのかなと思います。

 

 

Twitterにアカウントロックされた時に考えられる原因

  1. 誹謗中傷などの規約事項に違反した場合
  2. スパム行動
  3. 過度なフォロー・リフォロー/大量フォロー解除
  4. 長期間利用していない
  5. プロフィール画像の変更、誕生日の変更
  6. 乗っ取りやハッキングをされている(とTwitter社が判断された)
  7. 複数アカウントの切り替え

 

スパム行為などはもちろんいけないこととわかりますが、プロフィールなどを変更したり、フォロワーを増やすための行為までロックや凍結の対象になるのはつらいです。

 

まとめ

今回は、無事認証だけでアカウントは通常に戻ることが出来ました。

 

 

違反などはしていないはずですが、同じアカウントを、違うtwitterアプリで使っていたからなのか、複数アカウントをもっていて、そちらが悪さしたのか?

もしくは、乗っ取りやハッキングされそうになっていたのかもしれません。

 

単なるほかの方も多く言われている、理由もないのにtwitterロック、凍結を受けただけなのか。

 

謎なままです。

 

 

すごく便利な分、Twitter側からの急なロックや凍結をされたら、それまでつぶやいていたつぶやきも、フォローしていた情報も一気になくなってしまうのはとても悲しかったです。

 

 

 

理由なきロック、凍結も多いようですが、まずはTwitterのルールの通りに利用していきたいと思います。

 

 


パソコン情報局
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikanをフォローする
スポンサーリンク
家事・掃除苦手主婦が子育て中に発見!〜おうち生活情報局

コメント