スポンサーリンク

スライドドアの軽自動車【スズキのスペーシア】子育て中ママに本当にオススメ? 3年以上乗ってみて

子育て情報局

スライドドアの軽自動車を探していると、スズキのスペーシアは検討の車の一つに入りませんか?

私も、スズキのスペーシアと、ダイハツのタント、ホンダのNBOXなどを比較して検討しました。

 

いろいろ考えた末、私は2人目子供の出産を機に、スズキのスペーシアを購入しました。

 

3年以上乗ってみて感じている、スズキのスペーシアの特徴や、実際に乗っていて感じること、現在のモデルチェンジされたスズキのスペーシアの、プラスでメリットと感じられる部分もご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

スライドドアのスペーシアは子育て中のママにおすすめ

子供が生まれると、たくさんの荷物をもってお出かけをしたり、抱っこひもで抱っこしながらの移動からチャイルドシートに乗せるときなど、意外と大変で疲れる作業ですよね。

 

そんな時に、車高が高く、全開で開いてくれるスライドドアのスペーシアは、子供を車に乗り降りしやすくて便利です。

 

 

さらに、モデルチェンジされたスペーシアは、パワースライドドア予約ロック機能(HYBRID X)や、パワースライドドア一時停止機能(HYBRID X)がついて、パワースライドドアがさらに進化しています

 

パワースライドドアの作動中に、ドアハンドルやワンアクションスイッチの操作で、好きな位置で開閉をストップしてくれるので、雨の日も雨が車内に入りにくくなり、ちょっとした荷物の出し入れにも便利に進化していますね。

 

 

軽自動車でも車高が高く、広いので子供を乗せやすい

 

軽自動車ではありますが、中が結構広いです。

シートアレンジができるので、自転車などの大きなものを載せるにも、便利な広さがあります。

スペーシアの高さに慣れたころ、車検の時に、車高が低い車での台車になった時、「よいしょ」と子供を抱っこしてチャイルドシートに乗せようとしたときに、思いっきり子供の頭をドアの上の部分にぶつけてしまったことがあります。

 

チャイルドシートを載せている分、車のシートより座らせる部分が高くなっているので、より頭をぶつけやすくなっているので注意が必要だな。

車高が高いスペーシアは、便利だなと改めて感じました 。

 

低床フロア設計で乗り降りしやすい

 

高さを抑えたリアステップなので、子供たちが自分で車に乗るのもスムーズな高さです。

年配の方でも乗り降りしやすいと思います。

 

 

 

 

かゆいところに手が届く たくさんの収納

スペーシアには、いろんなところに収納がついています。

 

「ちょっとここにものが置ければな」と思えるところに収納があるので、とても便利です。

 

私が気に入っているのが、ドアミラーの上の方にティッシュボックスです。

 

子供が後ろの席で、「鼻水でたー」と言っているときも、すぐに信号待ちの時にティッシュボックスを開けて、「そのまま自分でとって~」と手を伸ばせば後ろの席からも取れる場所にあるので、とても便利です。

 

現在は、内装がチェンジされていて、ティッシュボックスは助席のところについているみたいですね。

 

 

後ろの席のリアドア UVロールサンシェード

下から引き上げて上にひっかける形になっていて、子供に直射日光が当たらないように防いでくれます

 

子供のちょっとした着替えの時になどは、目隠しの役割をしてくれるので、プライバシー保護に役立ってくれます。

 

ただし、ドアが開いているときには上げ下げの作業ができないので、反対側から乗り込んで上げ下げする必要があります。

 

 

エンブレムがかわいい

 

普通車の車が好きな人には、自動車メーカーのエンブレムがステータスと感じている方も多いと思います。

車体の後ろについているスズキのスペーシアのエンブレムがにこにこマークで子育てママ向けに作ってくれている軽自動車なのかなと感じられて、かわいらしくて私は気に入っています。

 

 

スズキのエネチャージ

私が購入した時は、エネチャージ(S-エネチャージ)がついていました。

エンジンのパワーアップをしてくれているので快適な運転ができています。

 

現在は、マイルドハイブリッドになっていますね。

いつも通りの運転で、電気が貯まり、モーターによるアシストでガソリン消費を抑えてくれるのは助かりますね。

 

新しいスズキスペーシアの機能

エアコンルーバー[風量調整機能付]

軽自動車は、なかなか後ろの席に乗っている人にエアコンの風が届かないということだったり、逆に、前の席の人が風が当たりすぎて寒いということが多いですよね。

 

前席中央のエアコン吹き出し口には、つまみを回すだけで風を拡散させたり、風量を調節できるルーバーがつかわれるようになりました。

簡単な操作で、顔や体に直接風があたるのを防ぎ、不快感や目の乾きを抑えてくれます

 

スリムサーキュレーター

 

さらに、室内の空気を循環させるシステムがついていているため、前の人にも、後ろに乗る人にも室内全体が快適温度の心地よさを感じられるように工夫されています

 

 

 

 

 

事故防止対策 サポカーS<ワイド>

現在の車は、どんどん事故防止の機能がついています。

これからは、標準機能になってくるかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

スライドドアの軽自動車を選んでいる方、選んで購入したスズキのスペーシア。

燃費も30.0km/Lとかなり良いなと感じています。

 

様々な作りが、特に小さな子供の子育て中のママ向けに作られていると感じられますよ

 

一度、試乗などができたら乗り心地などを確かめてみてくださいね。

 

お写真やスペックなどの特徴は、スズキの公式ホームページからお借りしています。

 

スライドドアについては、『子育て中に便利! スライドドアの自動車メリットとデメリット体験談』の記事でメリットやデメリットも書いているので、ぜひ読んでみてください。

 


子育て情報局
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikanをフォローする
スポンサーリンク
家事・掃除苦手主婦が子育て中に発見!〜おうち生活情報局

コメント