スポンサーリンク

蛍光増白剤ってなに?安全性について考えた

お掃除-情報局
Pocket

最近、

「この洗剤は、蛍光増白剤フリーです」

と言っているCMを耳にすることはありませんか?

 

洗剤ってことはわかるけど、そもそも蛍光増白剤とは何なんだろう?

 

フリーと言われると、なんだか悪いものなのかな?安全性に問題のあるものだから言っているのかな?という印象を受けますよね。

 

私も実は、蛍光増白剤について勉強したことがあります。

その疑問について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

蛍光増白剤とは?

蛍光増白剤とは、

目に見えない紫外線を吸収して、目に見える青白い光に変えるために
見た目の白さを増す効果がある成分です

 

白い服をより白くするものではなく、とっても薄い青色の染料を塗っているというイメージにのほうがわかりやすいかもしれません。

 

ブラックライトで照らすと、蛍光増泊剤を使った服が青白く光るという実験を見たことはありませんか?

 

この染料が服に着くと、紫外線を吸収して目に見える青白い光に変えてくれるため、洗うと見た目が真っ白になったように見えているだけという形です。

 

元々真っ白服は製造される段階で、蛍光剤漂白剤が使われています。

 

特に、綿や麻やレーヨンの生地洗濯を繰り返していくうちに蛍光増泊剤が剥がれ、白くくすんできてしまいます。

はがれた蛍光剤のカバーや白さの低下を防ぐために洗濯用洗剤に蛍光増白剤が配合されているものを使うことで、真っ白なシャツや靴下などに使うと白さが戻ります。

 

真っ白になって、とても綺麗になったような印象を受けますよね。

 

 

上靴を洗うと真っ白に戻る&キレイになると有名な、あのウタマロ石鹸も、この成分が入っているからなのです。

 

 

蛍光増白剤の入った洗剤で洗う時の注意点

反対に、きなりやパステル色のパステル調などの淡い色の服には、布本来の色を生かすため蛍光増泊剤は使われていません。

 

きなりやパステル色のパステル調の服に蛍光増白剤入りの洗剤を使ってしまうと、色ムラが起きてしまったり、その部分だけ白っぽく変色してしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

 

蛍光増白剤を使っても安全なの?

蛍光増白剤の安全性については急性、毒性、慢性、毒性発がん性などには問題はないというふうに考えられているそうです。

 

 

・急性毒性:一度に大量摂取した場合の毒性誤摂取した場合や誤使用などを想定されたもの。

 

・慢性毒性:継続的に毎日摂取し続けた場合の毒性であり、通常長期間摂取などを想定されたもの。

 

また、皮膚刺激発がん性などの研究も行われていて、実用する上での安全性が確認されています。

 

そしてその際の奇形・遺伝毒性及び皮膚感染性アレルギーなどがないことも報告されているそうです。

 

 

なので、安全性は確認されているといえるようです。

 

 

赤ちゃんや子供などの服の洗濯についてはより洗剤などを意識しますよね。

洗濯した服などにつくのは微量なものということで、基本的にお肌に影響をしたり赤ちゃんがその服を舐めたりした時に体に影響を与えることはないとされているそうです。

 

 

安全を疑問視?

一方で、

 

「使用する量により、皮膚刺激やアレルギー反応を起こすことも考えられる」

という意見もあり、

 

・通産省通達では家庭用品では、蛍光増白剤加工は最低限にとどめ、過剰加工にならないこと

 

・乳幼児用製品については出来る限り避けることと

 

・衛生法食品衛生法の中では食器器具容器などへの使用を認めていない

 

・日本薬局方では脱脂綿ガーゼには蛍光を認めない

 

また環境への影響について蛍光増白剤の原料である、スチルベンに環境ホルモンとしての作用があると考えられていて、まだ十分にそれについては解明されていないとも言われています。

→ 発がん性物質アミノスチルベンの存在については、 実際化学構造で詳しく見られた方によると「よく似ているけれども全く別の化合物であり、発がん性に関する説は誤解である」という話もあります。

 

 

いずれにしても、

例えば、毎日お皿を洗って洗ったお皿を吹いているタオルを蛍光増白剤入りの洗剤で洗って拭いているということは、その成分がお皿などに二次的についているという風にも考えられます。

 

食品衛生法では食器器具容器などへの使用を認められていないものが、もしかしたら私たちの口に自然に入ってきているかもしれません。

 

そう考えると洗濯の時、洗うものについても、考えながら使用が必要なのかなという風に感じました。

 

 

まとめ

・蛍光増白剤というのは、見た目で白さを増したように見せるための効果がある成分。

・安全性については、確認されているが、疑問視する声もある。

 

 

蛍光増白剤を使うか使わないかの選択についての向き合い方

ちなみに私は蛍光増白剤のことを知ってから、蛍光増白剤の入っていない洗剤で洗濯をしています。

そのおかげか、子供達のカラー帽子の色褪せが全くなくなりました。

 

同時に上靴は どんなにきれいに洗っても、だんだんと汚れが目立ってくるようになりました。

 

そういう時には 酸素系漂白剤を使うなど他の洗剤で補っています。

 

 

 

蛍光増白剤の毒性は全くないわけではないが、健康へ対する影響は少ないという意味で安全とされています

「リスクがゼロでない」すなわち
「安全というものは100%ではない」
というのをどれぐらいの安全性として受け取るかが、私たちのそれぞれの受け取り方の問題かもしれません。

 

ゼロでないけど、何かしら問題が起きるかもしれないという意識が必要かもしれません。

何かが起きた時、「やっぱりあの洗剤を使わなければよかった」と後悔しないように
自分がこれでよいと思った量や使用法で利用すると良いかもしれませんね。

Pocket

お掃除-情報局 お洗濯-情報局
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikanをフォローする
スポンサーリンク
家事・掃除苦手主婦が子育て中に発見!〜おうち生活情報局

コメント