スポンサーリンク

アルコール除菌や手洗いで手荒れが!原因と心がけておきたい3つの対策法とは?

暮らし情報局

コロナウイルスがはやっている中で大切なことの一つは、手洗いといわれていますね。

 

さらに、アルコール除菌も効果的と言われているので、家の中で掃除用のアルコールスプレーだけではなく、手指に使うアルコールを多く使うようになってきました。

 

お店など、外出をするときによく使うようになっている人も多くなっています。

 

手洗いやアルコール除菌は大切ですが、手荒れがひどくなっていませんか?

 

私もお店に置いてあるアルコールを使うと、すぐに手が荒れてカピカピになってしまいました。

 

 

アルコールや手洗いで手が乾燥してガサガサしてしまった!

アルコール除菌や手洗いが増えて、急に手荒れが激しくなったときの原因や対処法をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

アルコールや手洗いで手荒れしてしまう原因とは?

 

アルコール除菌や石けんを使うことは、皮膚に付いた汚れや細菌、ウイルスへの対策になります。

 

と同時に、皮膚のバリア機能を保つ角質や、皮脂を奪ってしまう「皮膚の脱脂作用」が起こってしまうんです。

 

 

通常は、バリア機能があると、皮膚の中の水分を保ってくれています。

しかし、バリア機能を落としてしまうことで、摩擦など外からの刺激で、強い手荒れにつながってしまいます。

 

 

手荒れが起こると、細菌が侵入しやすくなってしまうので、もともと除菌などのために使っているはずのことが、逆効果になってしまいそうですね。

 

 

手荒れしたときの一番の対策はハンドクリーム

  • 皮膚の水分保持機能の低下を防ぐ
  • 角質のバリア機能を正常に保つ
  • 水分の蒸発や外部からの刺激や、体内への異物の侵入を阻止する

 

壊れやすくなった手肌のバリア機能を維持・回復するために、ハンドケアの保湿剤を塗るようにするとよいでしょう。

 

手を洗ったらしっかりと水分をふき取り、ハンドクリームを塗る(保湿する)というのが理想です。

 

 

日中どうしてもハンドクリームがベタベタしてしまうのが嫌な時には、寝るときにたっぷり塗ってから寝るといいですよ。

 

 

 

\あらかじめ皮膚をバリアで覆うことで、手洗いや洗剤、アルコール消毒などの刺激から皮膚を守る皮膚保護クリームです。ベタつきが少なくさらっとした使用感です。/

 

乾燥肌の救世主「ヘパリン類似物質」配合【NALC薬用ヘパリンハンドクリーム】



 

 

 

 

 

手荒れを起こしにくい低刺激などの手指衛生剤(アルコールや石けん)を選んで使うようにする

 

  • 自分の肌に合った保湿剤が配合されたアルコール手指消毒剤を使うようにする
  • ヒアルロン酸やグリセリンなど保湿成分が配合されている、泡タイプのハンドソープを使う、手肌に優しい石けんを使うようにする

 

手荒れ自体を緩くなるように、手が荒れにくいような成分のアルコールや石けんを使うとよいでしょう

 

 

 

手肌に刺激になる衛生習慣を減らすように心がける

アルコールや石けんの成分だけではなく、手を洗う時に気に掛けることで、手肌の刺激を減らし、手荒れを減らすことができます。

 

 

アルコール消毒の前後に、石けんと流水による手洗いは必ずしも必要ではありません

手を洗って、アルコール消毒を続けると、どうしても刺激が増えてしまいます。

 

 

石けんと流水による手洗いに温水を使用しない

お湯を使って手を洗うと、より脱脂作用が強くなってしまいます。

 

 

石けんを使った手洗いの後は十分に流水で洗い流す

石けんがしっかりと洗い残すことができないと、洗い残しによる手荒れの原因となる恐れがあります。

 

手を拭くときに、強く擦らないようにする

 

 

まとめ

 

アルコールや石けんで手を洗った時に、手のバリア機能が奪われてしまうことで手荒れにつながってしまいます。

 

  • ハンドクリームでケアを毎回していくこと
  • できるだけ刺激が少ないアルコールや石けんを使うこと
  • 手肌への刺激を減らすこと

を心がけてみましょう。

 

あまりにも手荒れがひどくなると、病院に行ってステロイド剤などの外用薬を使う必要が出てくることにもなってしまいます。

 

今の時期病院などに通うことも戸惑うと思いますので、手荒れを感じたら早い段階で対応していきましょう。

 


暮らし情報局
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikanをフォローする
スポンサーリンク
家事・掃除苦手主婦が子育て中に発見!〜おうち生活情報局

コメント