スポンサーリンク

カメムシ対策!!ハッカ油で簡単手作りミントスプレーづくり

暮らし情報局
Pocket

秋になってやっと過ごしやすい季節になってきました。

 

11月に入った途端、洗濯物に黒い虫が!!

 

カメムシ(子供のころにあまりにも臭いのでへぶり虫と言ってました)です!!

 

 

家につくのは、小さくて黒いマルカメムシですが、

触ると臭いにおいが手や洗濯物に着くし、

しかもにおいがなかなか取れないという厄介者です。

 

 

今年は、30匹くらいついていて、

ベランダで気づいたときにははたいて外にはじいたのですが、

洗濯物の中に紛れこんだまま、家の中まで入ってきたカメムシがたくさん。

 

 

1日に30匹以上もいて、子供と一緒にキャーキャー言って外に出しました。

いろいろやることがある中で、これだけに1時間近く無駄に使ってしまう大変な作業。

 

 

カメムシが洗濯物につく前に何とかできないか・・・

 

と! カメムシがミントのにおいが苦手ということで、

 

自然な成分のみを使った、

安全・お得・簡単に作れるミントスプレーの作り方のご紹介です。

 

 

スポンサーリンク

ミントスプレーを作る前の注意点

早速カメムシ対策のために作ってみよう!

 

という前に、

いくつかの注意点を頭に入れて準備を始めましょう。

 

 

・肌がハッカ油は、肌が弱い人が原液を肌につけてしまうと、

肌が荒れてしまったり、体調を崩してしまう恐れもあるそうです。

また、妊娠中の方や赤ちゃんには使用を控えたほうがよいでしょう。

 

 

・ハッカ油を入れる容器を選ぶ際、

ポリスチレン、スチロール樹脂、PSという表記があるものは、

ハッカ油を入れると溶けてしまうため、使用してはいけません。

 

必ず、ハッカ油スプレーを入れる容器は、

ポリプロピレン(PP)またはポリエチレン(PE)

という表記があるものを選びましょう。

 

ダイソーなどの100円均一でも売られていて、消毒用エタノール対応のスプレーボトルも売られていますよ。

 

 

カメムシ対策に、ハッカ油(ミント水)スプレーの作り方

【準備するもの】

・ハッカ油


食品添加物 ハッカ油 20mL

(アロマテラピー用のペパーミント精油でも代用可能)

 

・ 無水エタノールもしくは、消毒用エタノール
エタノールは無水、消毒用のどちらでもOK

※現在、無水エタノールが品薄状態になっています。

消毒用のエタノールのほうは少し在庫もあるみたいなので使ってみてくださいね。

 

 

 

・精製水
なければ水道水でもOK

 

 

 

【作り方】

①無水エタノール10mlとハッカ油20~40滴を良く混ぜ合わせます。

②スプレーの容器に移して、精製水90mlを加えよく振り混ぜ合わせてます。

 

完成です。

 

簡単ですね。

 

使用する前にも良く振って使用します。

 

 

ちなみに、こんに簡単に作れるミントスプレー。

 

私が最初に作るときにやってしまった失敗談があります。

 

 

上に書いた分量は、合わせて100mlくらいのミントスプレーが出来上がります。

 

しかし、最後の水を入れるときに、90mlどうしても入らないんです。

よく袋を見ると、

↑ 実使用量50mlと書いてあるではありませんか!!

 

みなさんは、容器(スプレーボトル)のサイズに合わせて分量の調節をしてくださいね。

私の場合は、それぞれ半分の分量で作る形になりました。

 

 

 

ちなみに、すでにハッカ油スプレーとして販売されているものもあります。

 

どうしても作るのがめんどくさそう、本当に効果があるの?と試してみたい方にはいいかもしれません。
どうしてもアルコールや、アルコール対応の容器が手に入らない時は、簡単に購入できるものを利用してみましょう。
コスパ的にも、作るのに慣れたら5分もかからず作れるし、幅広い使い方にも対応できる、ハッカ油のほうを購入してみるほうが、わたしはおすすめです。

 

 

 

 

ミントスプレーの使い方

・よくカメムシが張り付いている外壁や網戸などに、スプレーで吹き付ける。

 

・カメムシが浸入してきそうな、換気扇や換気口の出入り口や窓やドアの周りにスプレーで吹き付ける。

 

・ガーゼやタオルなどの布類に浸み込ませて、外の窓付近にかけておく。

 

※目が痛くなることもあるので注意しながら、量を調節しながら使用していきましょう。

 

ミントスプレーの持続時間と使用期限

涼しくて日が当たらない場所で保管するようにしましょう。

 

手作りのミントスプレーのミント虫除け効果は1~2時間くらいなので、

こまめに吹き直すことが大切です。

 

ハッカ油スプレーの使用期限は、

約1週間~10日間くらいです。

できるだけ早めに使い切る方がよいでしょう。

 

なので、1回に作るときには、あまり大量に作らないようにしてくださいね。

 

 

ハッカの匂いがしなくなると、

効き目がなくなったという目安にもなりますよ。

 

また、全部使い切って容器が空いたら、

エタノールで消毒して、新しいミントスプレーを作っていきましょう。

 

 

ミントスプレーの効果

 

 

小さな昆虫類、蚊、クモ、蜂、アリ、蛾、ゴキブリ、ムカデ、蚤、ダニなど

ミントスプレーは、カメムシだけに効くだけではなく、

いろいろな虫にも効果があります

 

 

反対に、アブラムシ、てんとう虫、バッタどには

ハッカ油は効かないそうです。

 

 

注意しないといけないのは、

シバンムシという虫は、逆にミントの香りに集まってきてしまうので、

シバンムシが多い地域では使わないほうがよさそうですね。

 

結構家に特やってくる厄介者の虫たちに効果があるようなので、

作る価値ありですね。

 

 

ぜひ、試してみてください。

Pocket

暮らし情報局
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikanをフォローする
スポンサーリンク
家事・掃除苦手主婦が子育て中に発見!〜おうち生活情報局

コメント