スポンサーリンク

界面活性剤って何?

お洗濯-情報局

洗剤で、「界面活性剤は入っていません」という文字を見たことがあったり、言葉を耳にしたりしたことはことはありませんか?

 

そういえば、学校の家庭科の時間で勉強したことがあったような・・・?

そもそも界面活性剤とはなんなのでしょうか?やっぱり入っていない方がいい、悪者なのでしょうか?

スポンサーリンク

身の回りであふれる界面活性剤

 

界面活性剤は、洗濯洗剤、皿を洗う中性洗剤、洗顔、乳液などの化粧品、シャンプーなど、今ではほとんどの商品に入っています。

また、医薬品や食品にもつかわれているんです。

 

界面活性剤とは

界面とは、表面ともいいます。界面(表面)とは、2つの性質の異なる物質の境界面のことです。 2つの混じり合わない物質の間には、必ず界面が存在します。

ドレッシングを思い浮かべてください。振らずにずっとそのまま置いておくと、水と油にくっきりと分かれますよね

 

混じり合わない水と油の間には界面(境目)が存在し、界面活性剤は、この界面に働いて界面の性質を変え、水と油を混じり合わせることができるのです。

 

学校の家庭科の時間で、マッチ棒で示された何かをうっすら覚えていませんか?

花王さんのHPより引用

界面活性剤の分子はの形で、1つの分子の中に、水になじみやすい部分(親水基)と油になじみやすい部分(疎水基)界面活性剤は、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称です。構造としては、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っています。この構造が、本来、水と油のように混じり合わないものを、混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをするのです。代表的なものに石鹸(脂肪酸塩)があります。また、洗剤の他にも、医薬品、化粧品、食品などの成分としても広く使われています。

 

 

界面活性剤とは、このような界面に働いて、界面の性質を変える物質のことを言います。

界面活性剤の3つの作用

界面活性剤が汚れを落とすしくみとして
・「浸透作用」
・「乳化作用」
・「分散作用」という3つの作用が総合的に働いています。

<浸透作用>

ウールなどの界面張力(水の分子同士が引き合う力)が強く、繊維の中に水はなかなか入っていかず、なじまないものを、界面張力が下げ繊維の表面と水がなじみやすくなるため、繊維の中に水が簡単に入って行くようにする作用

<乳化作用>
水に油を混ぜようとしても、分離してしまうのを、界面活性剤の親油基が油の粒子を取り囲み、親水基が外側に並ぶため、水と油が均一に混ざり合うことができるようにする作用
天然の乳化物の代表が牛乳です。牛乳は、含まれるたんぱく質が界面活性剤の働きをして、水と脂肪が混ざり合った状態を保っています。

<分散作用>

ススのような粉体を水にいれても、混ざり合わずに表面に浮かんでしまいます。これをススの粒子は界面活性剤の分子に取り囲まれて、水中に分散させる粉末を水に散らばらす作用

すべてが悪者!? 界面活性剤

人間の体内や植物中にも存在しているもの、先ほどの作用のところで見た牛乳のように、自然界に存在する界面活性剤もあれば、人工で作られた合成の界面活性剤もあり、かなりの種類が存在します。

 

自然界にも存在して、安全性が高いものがあるということは、すべてが悪者というわけではないということですね。

 

 

 

問題なのは、どんなものから作らているのか?を見極めることではないでしょうか

肌に直接つける化粧品では、その成分がダイレクトに影響を受けてしまいます。
たとえば、石油から作られた「石油系の合成界面活性剤」は、機能が非常に高い分、肌に残留しやすい性質を持っている肌が敏感な方にとっては、肌のバリア機能を弱めたり、たんぱく質を変質させたりするような、肌トラブルにつながることがあるそうです。

 

 

全てが悪者!と決めつけることはできませんが、少なからず負担があるのは事実です。

髪や肌の表面には、その中の水分が外に逃げて乾燥しないように存在する油分の膜存在します。界面活性剤を使うことで、膜が一部壊れてしまいます。むやみに使うと肌や髪の水分が失われてしまって乾燥状態になってしまうのです。

 

 

 

私も昔、シャンプーを石鹸シャンプーに変えると、はじめはキシキシしてしまったことがあります。それが、最近よく言われているシリコンや、今まで界面活性剤入りのシャンプーなどを使ってきた影響なのかもしれませんね。

 

無添加と書かれていても、裏の成分をよく見てみると、界面活性剤が意外と入っているものもあるんです

 

ナチュラルクリーニングをより重視される方は、界面活性剤が入っていない方がいい!と思われる方もいると思います。

「小さな子供のために、より良いもの選んでいる」と思ったら、意外と界面活性剤が入っているのものかもしれませんね。

 

 

値段重視なのか、より成分の安全性か、洗浄力なのか

裏の成分表を見て、より自分に合っている物を選んでみましょう


お洗濯-情報局
スポンサーリンク
スポンサーリンク
mikanをフォローする
スポンサーリンク
家事・掃除苦手主婦が子育て中に発見!〜おうち生活情報局

コメント